会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう
な効果が期待できます。
(1) 高収益部門を後継者の会社に事業譲渡する場合
後継者の会社の株価は上昇しますが、オーナー所有の会社の株価は下がり
ます。
(2) 高収益部門を会社分割により子会社化する場合
新設子会社の株価は上昇しますが、親会社の株価は低く評価できます。

(1) 高収益部門を後継者の会社に
事業譲渡する場合
後継者が新設会社を設立し、そこ
に、高収益部門である製造・販売部
門を事業譲渡します。
この結果、事業譲渡後は、後継者
の会社(新設会社)の株価は上昇し
ますが、オーナー所有の会社(A 社)
の株価は低く評価できます。
(2) 高収益部門を会社分割により
子会社化する場合
100%子会社を新設すると同時に、
高収益部門である製造販売部門を、
その子会社に移転します。この会社
分割により、現在のA社は、本業を行
う新設子会社の持株会社となります。
この結果、新設子会社の株価は上
昇しますが、親会社であるA社の株
価は低く評価できます。


会社設立、奥さんを取締役にできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 自社株にかかる相続税の負担は、オーナー一族の「個人的問題」ではありません。会社存続にかかわる問題…
  2. 自社株の評価は、通常、原則的評価方式により評価すること とされています。しかし、評価対象となる…
  3. 非上場会社の株式は市場での取引が行われていないため、換 金性が低い財産です。しかし、発行会社へ…
  4. 後継者を決定したら、次に後継者としての教育を行い経営者としての能力や自覚を築き上げなければなりません…
  5. 次世代の経営者となる後継者を決めるためには、内部・外 部を問わず、経営者として誰が最もふさわしいのか…
  6. 原則的評価方式による評価は、以下の流れに沿って行います。 ① 会社規模の判定 ② 特定会社の判定…
  7. 自社株の評価は、以下の方法により行います。 (1) 同族間の相続や贈与に適用される評価方法 原則…
ページ上部へ戻る