会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう
な効果が期待できます。
(1) 高収益部門を後継者の会社に事業譲渡する場合
後継者の会社の株価は上昇しますが、オーナー所有の会社の株価は下がり
ます。
(2) 高収益部門を会社分割により子会社化する場合
新設子会社の株価は上昇しますが、親会社の株価は低く評価できます。

(1) 高収益部門を後継者の会社に
事業譲渡する場合
後継者が新設会社を設立し、そこ
に、高収益部門である製造・販売部
門を事業譲渡します。
この結果、事業譲渡後は、後継者
の会社(新設会社)の株価は上昇し
ますが、オーナー所有の会社(A 社)
の株価は低く評価できます。
(2) 高収益部門を会社分割により
子会社化する場合
100%子会社を新設すると同時に、
高収益部門である製造販売部門を、
その子会社に移転します。この会社
分割により、現在のA社は、本業を行
う新設子会社の持株会社となります。
この結果、新設子会社の株価は上
昇しますが、親会社であるA社の株
価は低く評価できます。


会社設立、奥さんを取締役にできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す ることができます。この「種類株式」をう…
  2. 子供など後継者へのバトンタッチの方法には、「代表の座の移転」と「自社株などの所有権の移転」があります…
  3. 原則的評価方式による評価は、以下の流れに沿って行います。 ① 会社規模の判定 ② 特定会社の判定…
  4. 類似業種比準価額方式では、評価会社の ①「配当」、②「利益」、③「純資産」 の3要素を基準に…
  5. 非上場会社の株式は市場での取引が行われていないため、換 金性が低い財産です。しかし、発行会社へ…
  6. 未上場会社のオーナーが、自社株の評価額を把握していない ため、相続に際して後継者が納税資金を確…
  7. オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
ページ上部へ戻る