会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す
ることができます。この「種類株式」をうまく活用することで、
事業承継に役立てることができます。

(1) 配当優先・無議決権株式の活用
会社法では、非公開会社において、発行制限なしに配当優先・無議
決権株式を発行できます。このような株式を発行するためには、株主総
会の特別決議(*)により、その内容を定款に定める必要があります。
(*)特別決議・・・議決権の過半数を有する株主が出席し、出席株主
の議決権の2/3 以上により決議されます。
①後継者に議決権を集中させることができます
・後継者である長男は議決権を100%保有し、会社の実権を握るこ
とができます。
・次男は、議決権はない代わりに配当を優先的に受けることができ
るため、不満を抑えられます。
②オーナーの議決権割合を高めることができます
・結果として、オーナーの議決権割合が2/3 を超えることになります。
(注)既存の株式の一部を変更する際には、株主総会の特別決議に
加え、全株主の同意が必要となります。
・後継者の独断専行経営を防止できます。
(2) 黄金株の活用
黄金株とは、株主総会や取締役会の決議事項に対して、一定の拒
否権が認められた種類株式です。
・後継者の独断専行経営を防止できます。
(3) 相続人などに対する売渡請求権の活用
相続や合併などにより、その会社の譲渡制限株式を取得した者に対
し、その株式を、発行会社に売り渡すことを請求する旨を定款で定める
ことができます。
【注意点】
①売渡請求期限
相続等があったことを知った日から1年以内に、株主総会の特別決
議を経て請求する必要があります。
②売買価格
売買価格は当事者間の協議によりますが、不調の場合には売渡請
求日から20 日以内に限り、裁判所に価格決定の申立てができます。
③財源規制
分配可能額を超える買取はできません。
<株主の分散を防止することができます>
・事業運営上好ましくない者への株式の移転を防止し、経営を安定させ
ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 後継者を決定したら、次に後継者としての教育を行い経営者としての能力や自覚を築き上げなければなりません…
  2. 非上場会社の株式は市場での取引が行われていないため、換 金性が低い財産です。しかし、発行会社へ…
  3. 会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう な効果が期待できます。 (1) 高収…
  4. 自社株の評価は、通常、原則的評価方式により評価すること とされています。しかし、評価対象となる…
  5. 同族株主以外の株主や少数株主が取得した株式について は、会社の規模にかかわらず、原則として、例外的…
  6. 次世代の経営者となる後継者を決めるためには、内部・外 部を問わず、経営者として誰が最もふさわしいのか…
  7. 純資産価額方式は、会社の資産の額から負債の額を控除し た純資産価額を自社株の価値とする方法です…
ページ上部へ戻る