カテゴリー:第1章 後継者を選ぶ

  • 1-1.誰に事業を引き継がせるか

    次世代の経営者となる後継者を決めるためには、内部・外 部を問わず、経営者として誰が最もふさわしいのかという 最高レベルの経営判断が必要です。なお、事業の承継パター ンとしては次のケースが考えられます。 (1) 子供などへ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1-2. 後継者を育てる

    後継者を決定したら、次に後継者としての教育を行い経営者としての能力や自覚を築き上げなければなりません。後継者教育をする上でのポイントは次のとおりです。 (1) 後継者を社内で育てるか、社外で育てるか (2) 後継者に必要…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1-3.後継者への引き継ぎ方

    子供など後継者へのバトンタッチの方法には、「代表の座の移転」と「自社株などの所有権の移転」があります。そのうち自社株などの所有権の移し方については(イ)生前贈与、(ロ)親子間売買、(ハ)相続があります。この移し方によって…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継について

  1. 会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す ることができます。この「種類株式」をう…
  2. 会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう な効果が期待できます。 (1) 高収…
  3. オーナーの役員退任に伴い、退職金を支給することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  4. オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  5. 後継者を決定したら、次に後継者としての教育を行い経営者としての能力や自覚を築き上げなければなりません…
ページ上部へ戻る