未上場会社のオーナーが、自社株の評価額を把握していない
ため、相続に際して後継者が納税資金を確保できなくなり、『相
続税破産』などという状況になれば、相続人に対する影響だ
けでなく、会社従業員にも影響が及んでしまいます。
また、自社株を承継する際には、少なからず税負担を伴います。
そこで、現在の自社株の評価額を把握して、後継者にスムー
ズに移転する方針を練ることが重要です。

(1) 自社株は今いくらか
ご自分の所有する株式が現在いくらかを確認しましょう。
また、自社株の評価額だけでなく、その評価方法についても理解を深
めておくことが重要です。
(2) 自社株の評価を引き下げるにはどうすればいいか
評価を通じて会社の状況を把握し、それにより株価を引下げる対策を
練っていきます。ただし、対策の前提として、会社経営に影響の少ない
ものを選択します。
次ページ以降に、具体的な評価引き下げ方法を挙げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 子供など後継者へのバトンタッチの方法には、「代表の座の移転」と「自社株などの所有権の移転」があります…
  2. 事業承継を考える上での大切なポイントは次のとおりです。 (1) 後継者をどうするのか? (2) 経営…
  3. 未上場会社のオーナーが、自社株の評価額を把握していない ため、相続に際して後継者が納税資金を確…
  4. 類似業種比準価額方式では、評価会社の ①「配当」、②「利益」、③「純資産」 の3要素を基準に…
  5. 自社株にかかる相続税の負担は、オーナー一族の「個人的問題」ではありません。会社存続にかかわる問題…
  6. 同族株主以外の株主や少数株主が取得した株式について は、会社の規模にかかわらず、原則として、例外的…
  7. 純資産価額方式は、会社の資産の額から負債の額を控除し た純資産価額を自社株の価値とする方法です…
ページ上部へ戻る