同族株主以外の株主や少数株主が取得した株式について
は、会社の規模にかかわらず、原則として、例外的評価方式
である配当還元価額により株価評価を行うこととなります。

(1) 配当還元価額の計算方法
配当還元価額は、直前期末以前2年間の年配当金額をもとに計算し
ます。この場合、特別配当や記念配当などの毎期継続しない配当を除
いて計算をします。
※ 1 年配当金額は1 株あたりの資本金等の額を50 円とした場合の配当金額となります。
※ 2 年配当金額が、2 円50 銭未満の場合には2 円50 銭となります。つまり、無配当であったとしても、
株価は0 円ではなく、年配当金額を2 円50 銭で計算した金額となります。また、中間配当を行っ
ている場合には、中間配当と期末配当の合計額が1 年間の配当金額となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す ることができます。この「種類株式」をう…
  2. 原則的評価方式による評価は、以下の流れに沿って行います。 ① 会社規模の判定 ② 特定会社の判定…
  3. オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  4. 会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう な効果が期待できます。 (1) 高収…
  5. 次世代の経営者となる後継者を決めるためには、内部・外 部を問わず、経営者として誰が最もふさわしいのか…
  6. オーナーの役員退任に伴い、退職金を支給することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  7. 類似業種比準価額方式では、評価会社の ①「配当」、②「利益」、③「純資産」 の3要素を基準に…
ページ上部へ戻る