カテゴリー:02「アル昏」潜伏期

  • 学校保健は酒とともに

    02「アル昏」潜伏期学校保健は酒とともに叔父推賞の店 むさしや  「あんた、四郎さんの甥っ子だろう。」酒屋の印の入った小意気な半天を羽織って、白前掛けの紐を前でキリッと結んだ老爺が、飯台の前に腰を下ろした私…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPIX

  1. 07断酒への道妻の立上がり断酒への助言を求めて  アルコール依存症者を身内に持つ家庭…
  2. Ⅰ(98~99) M・N氏夫人 毎度のことながら、「もうやめる」と言わ…
  3. 02「アル昏」潜伏期学校保健は酒とともに叔父推賞の店 むさしや  「あんた、四郎さんの…
  4. 07断酒への道断酒道場 せりがや病院特別保護室  神奈川県立せりがや病院は、精神分裂病…
  5. Ⅲ(00) C・W氏長女 いつからだろう、父の楽しい酒が「悲しい…

私のアルコール依存症の記

「断酒生活」のすすめ

ページ上部へ戻る