過去の記事一覧

  • 2-3.類似業種比準価額の計算

    類似業種比準価額方式では、評価会社の ①「配当」、②「利益」、③「純資産」 の3要素を基準に類似する業種の上場会社の株価に比準して、株価を計算します。 (1) 類似業種比準価額の計算方法 類似業種比準価額…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2-4.純資産価額の計算

    純資産価額方式は、会社の資産の額から負債の額を控除し た純資産価額を自社株の価値とする方法です。つまり、会社 の清算価値に着目した評価方法となります。 (1) 純資産価額の計算方法 純資産価額方式とは、会…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2-5.特定会社の株式の評価

    自社株の評価は、通常、原則的評価方式により評価すること とされています。しかし、評価対象となる会社が、一般の評 価会社の状況と異なる場合があり、原則的評価方式では適 正な評価ができないケースがあります。この場合…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2-6.配当還元価額の計算

    同族株主以外の株主や少数株主が取得した株式について は、会社の規模にかかわらず、原則として、例外的評価方式 である配当還元価額により株価評価を行うこととなります。 (1) 配当還元価額の計算方法 配当還元価額は、直前…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-1.自社株対策の必要性

    未上場会社のオーナーが、自社株の評価額を把握していない ため、相続に際して後継者が納税資金を確保できなくなり、『相 続税破産』などという状況になれば、相続人に対する影響だ けでなく、会社従業員にも影響が及んでし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-2.オーナーに対する退職金の支払い

    オーナーの役員退任に伴い、退職金を支給することで、次の ような効果が期待できます。 (1) 退職金支給により会社財産が減少し、自社株の評価が下がります。 (2) 退職金を支給した事業年度の利益が減少し、自社株の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-3.資産管理会社の設立

    オーナー所有の株式をオーナーの子供が設立した資産管理 会社に売却することで、次のような効果が期待できます。 (1) 将来の株価上昇の影響を抑制します。 (2) オーナーの持株数が減少します。 オーナーの子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-4.高収益部門の分社化

    会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう な効果が期待できます。 (1) 高収益部門を後継者の会社に事業譲渡する場合 後継者の会社の株価は上昇しますが、オーナー所有の会社の株価は下がり ます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-5.従業員持株会の活用

    オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) オーナーの所有株式数が減少し、相続財産が減少します (配当還元価額による移動が可能です)。 (2) 安定株主の確保と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3-6.種類株式の活用

    会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す ることができます。この「種類株式」をうまく活用することで、 事業承継に役立てることができます。 (1) 配当優先・無議決権株式の活用 会社法では…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継について

  1. 純資産価額方式は、会社の資産の額から負債の額を控除し た純資産価額を自社株の価値とする方法です…
  2. 自社株の評価は、以下の方法により行います。 (1) 同族間の相続や贈与に適用される評価方法 原則…
  3. 自社株の評価は、通常、原則的評価方式により評価すること とされています。しかし、評価対象となる…
ページ上部へ戻る