かすてら


1長崎

かすてら

唐人屋敷
 昔、顔遠山という支那人がおつて、丸山の菅ノ絵という遊女に深くなり小太郎という子供が生れた。長崎から本国へのかえりに船が難破して溺死したことがあつた。その報せを知つて菅ノ絵は病みついて死んでしまつた。
 又長崎の金持で中村嘉右衛門、森安という人があった。人々は俗に金のナカ村、雨の森安など、蔭口を聞いたが、取引先の支那人が溺死した報せを聞いて、長年取引していたはかない縁に自ら施主になり、支那人の供養をした位牌が今崇福寺に残つているとのことである。長崎に伝わる日華親善の話しには古く深いものがあるそうであつた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TOPIX

  1. 3海景 夏の船旅 海上のカメラ  海は晴れて白い甲板に朝の光りが射してまばゆ…
  2. 8西郊雑記 ある朝 ある朝  北原白秋さんの昔の作で、とぎれとぎれに思い出す…
  3. 4早春記 春の″のと自慢″  春の"のど自慢"  このごろラジオの「のど自慢…
  4. 1長崎彌撤の鐘お蝶夫人の家  天主堂の石畳みの坂を半丁程ゆくと長崎巻を見下す丘の上に、…
  5. 1長崎 樟の若葉阿蘭陀まんざい  五月の若葉に雨がしとしと降つていた。  私は…

阿蘭陀まんざい

ページ上部へ戻る