かすてら

e9b6dfc7e0dd6b13b6f4c5c13f9e0998_s


1長崎

かすてら

唐人屋敷
 昔、顔遠山という支那人がおつて、丸山の菅ノ絵という遊女に深くなり小太郎という子供が生れた。長崎から本国へのかえりに船が難破して溺死したことがあつた。その報せを知つて菅ノ絵は病みついて死んでしまつた。
 又長崎の金持で中村嘉右衛門、森安という人があった。人々は俗に金のナカ村、雨の森安など、蔭口を聞いたが、取引先の支那人が溺死した報せを聞いて、長年取引していたはかない縁に自ら施主になり、支那人の供養をした位牌が今崇福寺に残つているとのことである。長崎に伝わる日華親善の話しには古く深いものがあるそうであつた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TOPIX

  1. e6a6d6e3848eb6fcf1d574c1a58581fd_s
    2心象風景 ゴッホのアトリエ ゴッホのアトリエ  ヴァンサン・ヴァン・ゴッホ(…
  2. f9ba40a4a3b7ae4c8097dd6b8e060f64_s
    1長崎 樟の若葉阿蘭陀まんざい  五月の若葉に雨がしとしと降つていた。  私は…
  3. 77bdbed99dab8dc15321439328b950d8_s
    6東京 両国国枝館の思い出 両国国技館の思い出  お正月につきものの大相撲―そ…
  4. 89a095a3646cefa4307ecee24fac61c5_s
    6東京 新東京風景  春の"のど自慢"  このごろラジオの「のど自慢」の放送…
  5. f3ac567cbdc17f1285eb04fb9f378e16_s
    1長崎彌撤の鐘お蝶夫人の家  天主堂の石畳みの坂を半丁程ゆくと長崎巻を見下す丘の上に、…

阿蘭陀まんざい

ページ上部へ戻る