夏の船旅

20102cdca3388b5fae0f79dcaeb34275_s


3海景

夏の船旅

海上のカメラ
 海は晴れて白い甲板に朝の光りが射してまばゆかつた、和歌山と四国の山々が右と左の両がわに遠くかすんで船はいよいよ大阪湾に近づいて走つて来た。潮岬の白い燈台も輝いてだんだん後ろになつて、海の色は一層濃く紺青に輝いていた。帆柱の影で晴れ晴れと朝景色を眺めていると、すぐわきの青年の手にしたカメラがカチンと音がしたので私は一寸気になつてふり返つた。見るとすぐ目の前におしやれの夏姿が明るい日かけをつけて立つていた。新婚らしい派手な娘さんで、氷川丸とかいた丸型の太い浮き袋のわきで映画式の気取つたポーズを作りながら、相手の写真機にほお笑みかけているのであつた。よく見るとそこにもここにも似たような一対の明るい風景が展開されていて、この数早来私共の生活の中からは全く忘れ果てていた新しい時代の様相が、舞台の脚光を浴びて輝き出したとでも言い気もちのものであつた。
 私どもは以前奈良公園の森の蔭などで、こんな構図を度々眺めたのであるが、戦時中の激しいいろどりの中についかき消されて見失つたものを、再び掘りあてたような気かして私もなんだか愉快なのびのびした気持になつて来た。
 どこか飛び出して来たのか、小さい学生服の子供たち五、六人靴音をカツカツ甲板に音をたてて走り回り鬼ごつこをやり始めた。どれも濃い日影が入りまじつて、青空はいよいよ晴れて夏らしい生気が海の上にもはつらつとみなぎり渡つていた。



155089e739eef5afe688ced9fe79801b_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TOPIX

  1. f3ac567cbdc17f1285eb04fb9f378e16_s
    1長崎彌撤の鐘お蝶夫人の家  天主堂の石畳みの坂を半丁程ゆくと長崎巻を見下す丘の上に、…
  2. 77bdbed99dab8dc15321439328b950d8_s
    6東京 両国国枝館の思い出 両国国技館の思い出  お正月につきものの大相撲―そ…
  3. f9ba40a4a3b7ae4c8097dd6b8e060f64_s
    1長崎 樟の若葉阿蘭陀まんざい  五月の若葉に雨がしとしと降つていた。  私は…
  4. d3d785a8d91e96bab1f9da7008c98585_s
    3海景 春の點景 新宿  街にはチラチラと雪が降つていた。  室内ではストー…
  5. 69f800f3ac17bc50bb068ac455b4c856_s
    7祭囃子・旅心 大阪小品 車の中の花束  雨の夜の自動車の中、暗い夜空に…

阿蘭陀まんざい

ページ上部へ戻る