カテゴリー:1長崎

  • f9ba40a4a3b7ae4c8097dd6b8e060f64_s

    樟の若葉

    1長崎 樟の若葉阿蘭陀まんざい  五月の若葉に雨がしとしと降つていた。  私は一度行きたいと思つた長崎へつれて来て貰つて、知人の二階の窓から長崎の町の屋根を眺めていた。  東京で考えると原子爆弾で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • f3ac567cbdc17f1285eb04fb9f378e16_s

    彌撤の鐘

    1長崎彌撤の鐘お蝶夫人の家  天主堂の石畳みの坂を半丁程ゆくと長崎巻を見下す丘の上に、お蝶夫人の邸跡と伝えられる古風な洋館があつた。歌劇「バタフライ」の桜と富士山の見える長崎の舞台面が、この家にあたるわけで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • e9b6dfc7e0dd6b13b6f4c5c13f9e0998_s

    かすてら

    1長崎 かすてら 唐人屋敷  昔、顔遠山という支那人がおつて、丸山の菅ノ絵という遊女に深くなり小太郎という子供が生れた。長崎から本国へのかえりに船が難破して溺死したことがあつた。その報せを知…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿蘭陀まんざい

ページ上部へ戻る