固定資産税評価額の無いアメリカでの評価額

960d0b6d50420cf94616ceb328e52eda_s
Q4
アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価額は無いと思うのですが、どのように評価しますか

海外にある建物の評価については、売買実例価額や不動産鑑定士等の精通者意見価格等を斟酌して評価します。

解説
 1.海外の建物の評価方法
  日本の財産評価基本通達では、建物について、固定資産評価額を基に評価すること
 になっていますが、海外に所在する建物については、固定資産税評価額がないため同
 通達では評価することができません。よって、海外の建物については、同通達に定め
 る方法に準じた方法又は売買実例価額、精通者意見価格等を斟酌して評価します。実
 務的には、現地の評価の専門家による評価額で、恣意的な評価引下げが行われていな
 い価額であれば差し支えないと考えられます。
2.アメリカにおける不動産の評価方法
 例えば、アメリカにおける不動産の評価方法として以下の方法があります。
(1)コスト・アプローチ
  対象不動産と同一のものを建設すると仮定した場合のコスト等から評価する方法
(2)インカム・アプローチ
  ネットキャッシュフロー等を基準として評価する方法
(3)マーケット・アプローチ
  第三者取引データ等に基づいて評価する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コラム

  1. foreigner12
    外国人と結婚しますが、婚姻届はどのようにすればよいですか? 1.国際結婚の実質的要件に関しては、各…
  2. fe2d5624457c7fe23c898e2f35c68b66_s
    コラム2子供の戸籍  日本人である私は、アメリカ人の男性と日本で結婚し、夫の仕事に合わせて訪米し、…
  3. 684058150f11b4276c23c1ee00c640b3_s
    コラム3在外財産で節税は可能か?  「海外にある財産には、相続税がかからない。」と今でも考えていら…
  4. d9545b089675ddeb5c6243ad96273ea6_s
    コラム4国外に5,000万円超の財産を保有する場合の調書制度 1.国外財産調書制度の創設  平成…

お買求めはコチラから

株式会社東峰書房

〒102-0074
東京都千代田区九段南4-2-12 http://tohoshobo.info
ページ上部へ戻る