5be17c7cabf42f48bd18aca8b866e0ad_s


類似業種比準価額方式では、評価会社の
①「配当」、②「利益」、③「純資産」
の3要素を基準に類似する業種の上場会社の株価に比準して、株価を計算します。

(1) 類似業種比準価額の計算方法
類似業種比準価額方式とは、類似する業種の上場会社の株価に比準して自社株の評価額を計算する評価方法をいいます。株価の価格形成要素としては、配当や利益、純資産価額のほか、事業内容や将来性、経営者の手腕などがあり、これらすべての項目を比準することが望ましいのですが、数値として把握することが難しいため、最も基本的な要素である評価会社の配当・利益・純資産をもとに計算します。

(2) 類似業種比準価額のポイント

①比準する3要素は「配当」「利益」「純資産」です。
比準する類似業種に比べて自社の3要素が高い場合には、結果として
自社株の評価額も高くなります。また、業種目は、評価会社の主たる業
種目により判定することになります。複数の業種目を兼業している場合に
は、単独の業種目の取引金額が50%を超える業種目により判定します。
②3要素は、原則として直前期・直前々期の決算数値を使用します。
③3要素のうち「利益」は3倍に加重して比準されます。
決算期をまたぐと比準要素が変わり株価も変わります。つまり、決算
での業績が株価に影響します。
3 要素のうち「利益」は3 倍に加重して比準されますので、「利益」
の株価に与える影響が最も大きいといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 7e64359a02b45057d069c8e11239d29e_s
    自社株の評価は、通常、原則的評価方式により評価すること とされています。しかし、評価対象となる…
  2. 85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_m
    自社株の評価は、以下の方法により行います。 (1) 同族間の相続や贈与に適用される評価方法 原則…
  3. ec1510a263d50cae8416c17b9815b765_m
    原則的評価方式による評価は、以下の流れに沿って行います。 ① 会社規模の判定 ② 特定会社の判定…
  4. 5c5135d4d343335112c32bf18e6acdc6_s
    自社株にかかる相続税の負担は、オーナー一族の「個人的問題」ではありません。会社存続にかかわる問題…
  5. c03625b1b1590834ef78ca794230603f_s
    子供など後継者へのバトンタッチの方法には、「代表の座の移転」と「自社株などの所有権の移転」があります…
  6. 33e39874cb194e543ff4794f821f8925_s
    オーナー所有の株式をオーナーの子供が設立した資産管理 会社に売却することで、次のような効果が期…
  7. 0d05cded49f02133d0eabf1cabd43ab5_s
    事業承継を考える上での大切なポイントは次のとおりです。 (1) 後継者をどうするのか? (2) 経営…
ページ上部へ戻る