0d05cded49f02133d0eabf1cabd43ab5_s
事業承継を考える上での大切なポイントは次のとおりです。
(1) 後継者をどうするのか?
(2) 経営権対策をどうするのか?
(3) 株価・相続税をどうするのか?
(4) 納税資金をどうするのか?
(5) 争族対策をどうするのか?

(1) 後継者の選択
「誰に会社を引き継がせるのか?」
まず後継者を決めないことには、事業承継をスタートすることができま
せん。子供など親族へ承継するのか、または会社をよく知る従業員に承
継するのか、さらには、第三者へのM&Aを検討するのかを意思決定
する必要があります。
(2) 経営権対策
事業を引き継いだ後継者が安定的に経営をしていくためには、後継者
に自社株や事業用資産を集中的に承継させる必要があります。とくに自
社株は、会社が意思決定する際の株主総会における議決権に影響しま
すので、後継者以外の子供がいる場合の遺留分などにも配慮して、い
かに後継者に集中させるかが、事業承継を考える上での大きなポイントと
なります。
(3) 株価・相続税
自社株の評価額が高い場合、後継者は多額の相続税を負担することに
なる場合があります。将来、相続が発生した場合、自社株や事業用資産
にかかる相続税の負担をいかにして軽減させるのかがポイントになります。
(4) 納税資金
一般的に中小企業オーナーの財産構成は、自社株や事業用資産が
大半を占めており、これらの財産は換金性がないため、どのようにして
相続税の納税資金を確保するかがポイントになります。仮にオーナーが
金融資産を所有していたとしても、自社株や事業用資産の後継者への
集中を考えると、後継者でない子供への配慮も考えなければなりません
ので、多額の資金が必要になる場合があります。
(5) 争族対策
子供の一人を後継者として、自社株などの財産の承継を集中させる
場合、後継者でない子供の遺留分を侵害しないよう配慮をし、相続発
生後の親族間の財産争いが生じないようにすることがポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継

  1. 33e39874cb194e543ff4794f821f8925_s
    オーナー所有の株式をオーナーの子供が設立した資産管理 会社に売却することで、次のような効果が期…
  2. 85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_m
    自社株の評価は、以下の方法により行います。 (1) 同族間の相続や贈与に適用される評価方法 原則…
  3. 8f93e81a49c7c60d6c286a6431b71a07_s
    オーナーの役員退任に伴い、退職金を支給することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  4. 65e9a6d330dd7cdffd9b925dcdde6ed9_s
    オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  5. ec1510a263d50cae8416c17b9815b765_m
    原則的評価方式による評価は、以下の流れに沿って行います。 ① 会社規模の判定 ② 特定会社の判定…
  6. business09
    同族株主以外の株主や少数株主が取得した株式について は、会社の規模にかかわらず、原則として、例外的…
  7. 5be17c7cabf42f48bd18aca8b866e0ad_s
    類似業種比準価額方式では、評価会社の ①「配当」、②「利益」、③「純資産」 の3要素を基準に…
ページ上部へ戻る