カテゴリー:第3章 自社株対策の具体的方法

  • 61da27b69b3cf91ffdff56b22a1af100_s

    3-1.自社株対策の必要性

    未上場会社のオーナーが、自社株の評価額を把握していない ため、相続に際して後継者が納税資金を確保できなくなり、『相 続税破産』などという状況になれば、相続人に対する影響だ けでなく、会社従業員にも影響が及んでし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8f93e81a49c7c60d6c286a6431b71a07_s

    3-2.オーナーに対する退職金の支払い

    オーナーの役員退任に伴い、退職金を支給することで、次の ような効果が期待できます。 (1) 退職金支給により会社財産が減少し、自社株の評価が下がります。 (2) 退職金を支給した事業年度の利益が減少し、自社株の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33e39874cb194e543ff4794f821f8925_s

    3-3.資産管理会社の設立

    オーナー所有の株式をオーナーの子供が設立した資産管理 会社に売却することで、次のような効果が期待できます。 (1) 将来の株価上昇の影響を抑制します。 (2) オーナーの持株数が減少します。 オーナーの子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 58bfac9f535244942c73d8d1fbb6b54e_s

    3-4.高収益部門の分社化

    会社の事業のうち高収益部門を分社化することで、次のよう な効果が期待できます。 (1) 高収益部門を後継者の会社に事業譲渡する場合 後継者の会社の株価は上昇しますが、オーナー所有の会社の株価は下がり ます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65e9a6d330dd7cdffd9b925dcdde6ed9_s

    3-5.従業員持株会の活用

    オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) オーナーの所有株式数が減少し、相続財産が減少します (配当還元価額による移動が可能です)。 (2) 安定株主の確保と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 09ac7ca1e6b7ee36eef2e2c5e018f94f_s

    3-6.種類株式の活用

    会社法では、様々な特徴を持った複数の種類の株式を発行す ることができます。この「種類株式」をうまく活用することで、 事業承継に役立てることができます。 (1) 配当優先・無議決権株式の活用 会社法では…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6eee3537936df017e8a687450864fc17_s

    3-7.納税資金対策

    非上場会社の株式は市場での取引が行われていないため、換 金性が低い財産です。しかし、発行会社への譲渡や物納を行 うことにより、相続税の納税資金対策になります。 (1) 金庫株の活用 平成13 年の商法改正…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継について

  1. 898e232910c3ad65122c1e54f8f3f576_s
    後継者を決定したら、次に後継者としての教育を行い経営者としての能力や自覚を築き上げなければなりません…
  2. 15d8ca379003952e443ee1ce0f482664_s
    純資産価額方式は、会社の資産の額から負債の額を控除し た純資産価額を自社株の価値とする方法です…
  3. 65e9a6d330dd7cdffd9b925dcdde6ed9_s
    オーナー所有の株式を従業員持株会に譲渡することで、次の ような効果が期待できます。 (1) …
  4. c03625b1b1590834ef78ca794230603f_s
    子供など後継者へのバトンタッチの方法には、「代表の座の移転」と「自社株などの所有権の移転」があります…
  5. 85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_m
    自社株の評価は、以下の方法により行います。 (1) 同族間の相続や贈与に適用される評価方法 原則…
ページ上部へ戻る